Sさん編、その後②

 

Sさん編 後日談の続きです

 

 

 

 

Sさんは足跡を残すだけでコメントを書いてきたりはせず、ただただ閲覧しているだけ。

だけ、とは言っても一方的に見られているのも嫌だったので警告の日記を書いたのでした。

その後メッセージはあったものの、謝罪の内容の一度だけでそれからはぱったり。

もうSさんの存在も薄くなってきた頃、別のSNSで再びそのアカウント名を見つけたのですが…

 

(多分あと一回で終わります…多分。)

 

Advertisement